本文へジャンプ
響について

響

「響(ひびき)」という漢字は、上に「ふるさと」を表す"郷"、下に"音"を書きます。
「さとのね」と書いて「響」という字が成り立っているのです。
郷の音、津軽においてそれはまささしく、津軽三味線そのものであります。

津軽

旅行で最も重要な要素の1つは、食べ物ではないでしょうか。よく「旅行に行ったのにその土地の食べ物を食べる機会があまりなかった」ということがあると思います。
響のメニューは、ほとんどが青森の郷土料理です。お酒も青森の地酒を取り入れた利き酒セットもあります。郷土料理と地酒の相性は抜群です。
料理や地酒のエピソードはメニューブックにも書かれていますが、スタッフにもお気軽にお声掛けください。

また、スタッフは津軽弁で対応します。ほんの津軽訛り程度にしておきますが、聞き取りづらかったり意味が分からない場合は遠慮なく聞いて下さい。

津軽三味線ライブについて

響では、若手実力派演奏者を積極的に起用しています。若手であっても主要大会の上位入賞者にしぼり、質の高い演奏をお客様にお約束します。
ステージは通常19:00からの1ステージのみですが、特別期間中は1日2ステージとなります。
詳細は随時ホームページにてお知らせいたします。

楽しむためのお願い

  • 演奏が始まる少し前からスタッフからお声がけします。演奏中、立ち上がったりすると演奏を楽しむお客様を遮ってしまうこともありますので、なるべくご注文やお手洗いは演奏の前にお済ませ下さい。
  • 演奏中もご飲食頂きながらお楽しみ頂いて結構です。演奏中のご注文は、スタッフに向かって手を挙げて下さいますようお願いします。
  • 演奏中の携帯電話のご利用はお控え下さい。

料金について

  • ご飲食代以外の料金はかかりません。ただし、オーダーなしでの入店はご遠慮下さい。
  • 駐車場は弘前パークホテルの専用駐車場をご利用下さい。料金は無料となります。お帰りの際、ホテル3Fフロントに駐車券と響のレシートをご提示下さいませ。
  • 尚、飲酒後の車の運転は固くお断りいたします。尚、タクシーや代行車の手配も承りますのでスタッフにお声掛けください。
  • 各種クレジットカードご利用可能です。
  • satononehibikiをフォローしましょう
     
  • 津軽三味線居酒屋 響(ひびき)のアメブロ店長日記

津軽三味線ダイニング響<ひびき>
TEL/0172-31-0089
住所/青森県弘前市土手町126
     弘前パークホテル3F MAP
営業時間/18:00〜22:00
     (L.O.21:30)
定休日/月曜日
総席数/最大80席
駐車場あり
クレジットカード使用可